カンジダで悩んでいる場合は、まずは病院で医師に相談するのがいちばんですが、仕事が忙しくてなかなか時間が取れない、最寄に専門科の病院が存在しないなどの理由から、物理的に通院が困難なケースがあります。
一方、内容が内容だけに、信頼できるプロの医師や看護師だったとしても、デリケートな内容を他人に打ち明けることに躊躇する患者さんも少なくありません。
 
何らかの理由で病院に行けない場合は、実店舗の薬局などで市販薬を購入する方法があり、その中の一部には、病院で処方されるのと同一、または同等の効能を持った製品も存在していますが、購入時には、薬剤師の立会いのもと、患部の状態や、他の疾病の有無など、プライバシーに踏み込む内容を含んだ問診が、チェックリストによって行われた後、副作用などのリスク、効能、服用方法について説明が行われ、その間にひとつでも問題があれば、その薬を販売してもらえません。
 
高いコンプライアンス意識を持ったプロの薬剤師とは言え、対面でプライバシーに関わる内容を公表することに躊躇したり、チェックリストによる問診で購入不可能となった場合は、カンジダの市販薬を取り扱っているオンラインショッピングで買う方法があります。
昨今では、スマートフォンやタブレットの普及に伴い、いつでもどこでも、人知れず、気軽にインターネットを利用できる環境が整ったことに加えて、オンラインショッピングサイトの商品ラインナップも多岐にわたり、カンジダの市販薬を購入することができるという流れです。
 
日本国内では、薬事法の関係から、オンラインショッピングサイトで取り扱いのできる薬に限りがあります。
そのため、Amazonで販売されているカンジダの薬は、市販薬の中でも、再発の人限定の製品ばかりです。
しかし、逆に言えば、再発の人であれば、誰にも会わず、薬剤師に直接プライバシーに関わる内容を話す必要も無く、カンジダの治療薬を手に入れることができます。

注文してからカンジダ治療薬が届くまでの流れ

Amazonでカンジダ治療薬を買うためには、まずは公式ホームページにアクセスし、もしも、アカウントが無ければ作成し、既にアカウントを保有していれば、ログインします。
つづいて検索を行い、対象の商品を探しますが、画面上部の検索ウィンドウに、商品名が分かっているならその名称、分からない場合は、「カンジダ」と入力し、右側の虫眼鏡のアイコンを選択すれば、検索が開始され、キーワードに関連した商品が、パッケージの写真と共に表示されます。
ここで、画面左のメニューの「prime」のチェックボックスをオンにすれば、2000円以上で送料無料など、さまざまなサービスが受けられる、Amazonプライムの対象商品に限定して絞り込まれるのも便利です。
市販品のカンジダ治療薬には、患部に錠剤を挿入するタイプのものや、患部に塗布する軟膏があり、ライフスタイルに合わせて選択できます。
 
商品のページに、「この商品は第1類医薬品です」という注意書きがある製品は、カートに入れてから「レジに進む」を選択すると、「ご使用者状態チェック」のページにジャンプし、必要事項を入力してから注文手続きに入ります。
その後、担当の薬剤師による適正使用の確認が実施され、問題がなければ、商品が届くという流れです。
これは、前述の薬剤師による問診と同等となり、一部、直接確認が必要と判断されたケースを除き、直接対面することなく、オンラインでチェックリストによる問診を実現するものです。
 
ここまでは、日本国内メーカーの製品の話ですが、Amazonでは、一部、輸入品のカンジダ治療薬も販売されており、日本国内在住のユーザーも注文可能です。
こちらは、チェックリストによる問診の必要はありませんが、利用に当たっては、自己責任となります。
いずれにしても、Amazonで注文し、チェックリストの問題さえクリアできれば、商品が届くところまでは、誰にも対面せずに、カンジダの薬を買うことができます。