膣カンジダに罹っていて、生理が終わったら治ったという体験をした人は多いのではないでしょうか。
カンジダはそもそも空気中にも存在しますし、人の体内にも住み着いている常在菌です。
疲れなどで抵抗力が落ちていると発症しやすいのが膣カンジダですが、常在菌なので治ったと思っても再発しやすいので注意が必要です。

カンジダは常在菌として膣にいるのに健康な時にはどうして発症しないのだろうと不思議に思いますが、それは人の身体が健康な時には膣内の自浄作用が正常に働いているためです。
膣内はホルモンバランスが整っている場合には膣内の乳酸菌の働きによって、カンジダ菌が繁殖しにくい環境が整えられています。
それが生理前などでホルモンバランスが崩れたり、風邪をひいたり抵抗力が落ちてしまうと一気にカンジダが繁殖しやすい環境へと変化してしまうのです。

膣カンジダに罹ると、膣や膣周辺の痒み、カッテージチーズや酒粕のような白いおりもの、膣のヒリヒリ感や熱感、膣外部の皮膚の腫れ、性交渉時の痛みなどが起こります。
痒みを訴える人が多く、かぶれかなと思われがちですが、おりものの量が増えておりものシートを使ったりすると、蒸れたりカンジダ菌がより増えやすい環境になってしまうため逆効果です。
病院へ行って膣洗浄の処置をうけたり、軟膏を患部に塗ることで治すことができますが、なかなか病院へ行くことができないという場合には、陰部を清潔に保つことを心掛け、できるだけ痒みがあっても掻かないようにしましょう。
自然治癒する場合もありますが、痒みや腫れ、おりものが臭く大量な場合などの場合、確実に治すのであれば病院を受診したほうがいいでしょう。

カンジダは真菌の一つであり、膣カンジダは日和見感染の一種なので、身体の抵抗力が戻ると自然に治ったという場合も珍しくありません。
普段から膣カンジダにならないようにするポイントとして、石けんで陰部を洗わないというのが挙げられます。
普通の石鹸で洗浄してしまうと、膣内を正常な環境に整えようとするいい菌まで殺してしまいます。どうしても石鹸を使用するのであれば、カンジダ専用の石鹸も販売されているので、そちらを利用することをおすすめします。

生理前はカンジダになりやすいので注意!

生理前はカンジダになりやすいので注意が必要です。というのも、普段の女性の膣内は乳酸菌の自浄作用によって適度な酸性に保たれています。
これにより病原体の侵入を防いだり、たとえ侵入できたとしても繁殖できないようにしています。

この乳酸菌の自浄作用はエストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンの分泌によるものですが、生理前になると、黄体ホルモンであるプロゲステロンの影響で膣内が酸性に傾きやすくなってしまいます。
カンジダは酸性を好んで繁殖するため、生理前の膣の中はカンジダが繁殖しやすい環境といえるのです。

生理前にカンジダになってしまうことで悩む人も多いかとおもいますが、ホルモンのバランスが崩れてしまうのはどうしても防ぎようのないことなので、カンジダを発症させない方法としては、できるだけ清潔な状態を維持するということがポイントになります。
具体的に言えば、できるだけこまめに下着を変えたり、通気性の良い綿の下着を選ぶなどすると良いでしょう。
また、おりものシートを使用するにしてもできるだけこまめに交換するのがおすすめです。
生理になる数日前からナプキンを付けていつなっても大丈夫な状態にしている人も多いかと思いますが、ナプキンに関してもこまめに取り替えたり、長時間つけていてもかぶれたり蒸れたりしにくい商品が販売されているため利用してみるのもお勧めです。

その他にも生理前だけビデ洗浄を使用したりするのも一つの対策ですし、身体の抵抗力を落とさないことを心掛けることも重要です。
とにかく体の抵抗力が落ちるとカンジダは繁殖しやすいので、できるだけ規則正しい生活を送り、適度に運動をしたり、栄養バランスのとれた食事を摂取するよう心がけるといいでしょう。