水虫やカンジダ症になった場合の治療薬としてラミシールを処方されることがあります。
テルビナフィン塩酸塩を主成分として薬がラミシールで、水虫やカンジダの原因菌である白癬菌を殺菌する有効成分でもあります。
ラミシールにはクリームタイプの塗り薬と錠剤の膣錠があり、水虫やカンジダ症にも効果が期待できます。
カンジダ症などは白癬菌を退治するだけでは治ることはなく原因菌の白癬菌を駆除する必要があります。ラミシールは白癬菌を退治する確率が高く完治するまでの期間も短縮することも期待できる薬です。

カンジダ症は陰部などデリケートな部位にできることがありますが、ラミシールを塗っても大丈夫です。
症状が軽度な場合にはクリームタイプの塗り薬で完治させることもできます。錠剤の飲み薬は、市販されていないため病院を受診して処方してもらう必要があります。錠剤を処方される場合は症状が進行して重度化した場合に有効な薬です。
白癬菌が皮膚の内部まで浸食した場合は塗り薬だけでは治すことが難しく、飲み薬を服用して体の中から白癬菌を死滅させる治療が必要になります。特に爪水虫には効果的です。

カンジダ症には種類があり、治療には抗菌力のあるラミシールなど外用薬が使われることが多いです。
口腔カンジダ症などの広範囲の皮膚カンジダ症の場合は内服薬を使うこともあります。
ラミシールはカンジダ症の原因菌の白癬菌に効果的で、ラミシールの主成分であるテルビナフィン塩酸塩は水虫だけではなくカンジダ症にも効果的で、特にデリケートゾーンの痒みを引き起こすカンジダ菌に効果的です。

主成分のテルビナフィンは真菌の細胞膜を破壊して殺菌作用があるので1日1回ラミシールのクリームを患部に使用しても効果的です。
ラミシールは市販されている薬もありますが、飲み薬は病院で処方されます。市販薬でも症状にあっていない場合は患部を悪化させることがあるため皮膚科など病院を受診して医師に処方してもらうようにします。

ラミシールに含まれるテルビナフィンという成分とは?

ラミシールにはテルビナフィン塩酸塩という成分が含まれています。
この成分はラミシールの主成分で真菌類に殺菌効果が高い成分として知られており、テルビナフィン塩酸塩の殺菌作用により白癬菌の治療をすることができます。
白癬筋はカビの一種で水虫の原因菌で、放置しても治ることなく逆に増殖し、水虫の患部の範囲は広がっていきます。
水虫や爪水虫などは白癬菌に感染することで症状が発症し、原因菌となる白癬菌を追い出して新陳代謝によって皮膚や爪などが再生するまで継続して治療をすることが大切です。

ラミシールに含まれるテルビナフィン塩酸塩は、浸透力が高い成分でもあります。
そのため角質や爪の奥にも浸透することが可能で白癬菌の活動を抑制して殺菌することが期待できる成分です。
ラミシールには膣錠で服用するタイプと、クリームタイプの塗り薬があります。
膣錠には新しい細胞に効果があらわれるまでには時間が必要ですが、クリームタイプは塗り薬なので角質の奥までしっかりと浸透することができるので早めに効果を実感することができます。
テルビナフィン塩酸塩はクリームタイプの塗り薬の浸透性の問題をクリアできる成分で、白癬菌の治療も効果的にできます。

カンジダも真菌の白癬菌が原因で発症しますが、原因菌が水虫と同じなのでテルビナフィン塩酸塩の配合されたラミシールを使うこともありますが、市販されている水虫薬はテルビナフィン以外のかゆみや炎症を抑える成分などが含まれているので、カンジダができている部位はデリケートな部位である場合も多いため、市販の水虫薬ではなく病院を受診してテルビナフィンが含まれたクリームなどのラミシールを処方してもらうことが大切なことです。