カンジダは性病の一種であるため、誤解されがちですが、実はその感染経路は性行為だけではありません。
もちろん、性行為でも感染があることは確かです。ただ、口腔カンジダ症のように口腔内で起こる病気の場合にはその感染経路が性行為以外という場合もあります。
具体的な感染経路を挙げるとすれば、それはキスです。
口腔カンジダ症の原因であるカンジダ菌がキスを通じて口腔内に感染、増殖していきます。また、性行為自体を避けていたとしても、キスと同様の理由でオーラルセックスでの感染も考えられます。
つまり、実際の性行為とはいかないまでも、キスや前戯、オーラルセックスだけでも十分に口腔カンジダになりうるというわけです。

本来、カンジダ菌は人間の皮膚や消化器系に存在している常在菌です。その為、体の中に菌が入ったからと言ってとりわけ危険というわけではありません。
ただ、問題なのが、カンジダ症を発症している人からその菌が入った場合、一気に菌が増殖してしまい自分も影響されてしまうという点です。
カンジダ菌は体が健康な状態であればなんの問題もなく日常生活を過ごすことが出来ます。
ただ、体の調子が悪いとき、免疫力や抵抗力が低下しているときであれば、それに乗じてカンジダ菌が増殖していきます。この影響で口腔カンジダ症などの病気が発症していくというわけです。

性行為でもこうしたカンジダ症は発症していきますが、その大半はパートナーからの感染です。
少なくとも、自分の身を守るためにも不特定多数との性行為は避けるに越したことはありませんし、キスや粘膜同士の接触に関してもそれは同様です。

自分が周りに病気を移さないためにも、そして周りから病気をもらわないためにも、節度を持って対処していくことが大切になってきます。
そして、対応策の一環として自身の体の調子を整えることもポイントです。体が健康であれば、少なくともカンジダ菌のそれ以上の増殖を防ぐことができます。

オーラルセックスでも感染するカンジダ

先にも挙げたようにカンジダ菌は性行為がない状態でも感染します。
挿入がないからといって、前戯段階でオーラルセックスをしてしまえば、それだけで感染のリスクは格段に上がります。
性病に関して、間違った知識で感染を拡大しないように、この点だけはしっかりと押さえておきましょう。
性病と一口に言ってもそれぞれで具体的な対処法、感染経路などは異なってきます。
カンジダ症の場合、確かに性行為やそれに準ずる行為で感染は起こりますがすべてのケースで必ずカンジダ症を発症するというわけでもありません。

とはいえ、対策は打っておくに越したことはありません。これは男性でも女性でもいえることですが、性行為をする相手はある程度絞っておくことが第一です。
先にも挙げたように、不特定多数の相手と性行為やキスをするということはそれだけ性病を発症する危険があるということです。まして、その相手がカンジダ症を発症しているのかどうかもわからない状態となれば、リスクは倍増していきます。
そういった行為をする相手はパートナーに絞ること、そしてその際にも前もって検査を受けて性病に感染していないかを確認しておきましょう。
自分自身はもちろんですが、パートナーにも協力を得て、お互いに信頼関係を築いていくのが理想です。

もしも、パートナーに検査の理由を聞かれた場合でも、その時は正直に話をするべきです。
変にごまかすことなく、パートナーの体のことを思っていること、二人のために検査を受けたいことを説明すれば、決して険悪になることはありません。
寧ろそれだけ二人の関係性を大切に思っていると分かれば、話し合いを経て二人の関係性はさらに良いものとなっていきます。
もちろん、それぞれのケースで関係性は異なってきますが、日ごろから性病に対する意識を高めていくことが大切です。