カンジダは性行為によって感染する病気・性病の一つです。
カンジダ菌が何らかの原因で増殖し、デリケートゾーン周辺に強いかゆみを感じるようになります。
そして、ついつい掻きすぎて痛みやただれができ性交時・排尿時の痛みにつながります。白くて豆腐のようなおりものが出ることもあります。

カンジダ菌は元々人の体内に常在する菌であり女性の膣の中だけでなく男性の体内にもあります。
とはいえ免疫力が低下しているときにカンジダに感染している方と性行為をしたら自身も感染してしまう可能性があるので完治するまでは性行為は避けた方がよいでしょう。
男性の側の方が感染していても気づきにくいとはいえ、感染すると同じようにかゆみやただれが出たり、白いカスが出てくるようになります。
男女のどちらかがかかっている場合、パートナーもなっている可能性は高いので二人で検査を受け、調べるようにしましょう。
インターネット経由で検査キットを取寄せてもよいでしょう。匿名でも大丈夫なので恥ずかしさが半減します。

性行為をしたあとにどちらかがカンジダ患者であったことが分かったら、菌を流してしまおうととにかく汚れを綺麗に洗浄してしまいがちですが、この行為は逆に病気を進行させることにつながります。
軽くシャワーを浴びるだけでよいのです。それだけでも皮膚や粘膜の表面に潜む菌たちを洗い流すことができて、感染率を低下させることができるのです。
妊娠を望まない性行為を行なう場合には避妊具を付けることで菌が膣の奥まで入っていかないよう対処することも大切です。あとは、日頃から性器の周辺を清潔に保つこと・規則正しい生活で免疫力を付けておくことでも十分対処はできるのです。
カンジダ菌はだれもが持っている菌です。それが増殖してデリケートゾーンを脅かさないためには日頃の生活や菌を移されたときの対処法が重要なのです。
間違っても石鹸でごしごしと洗い流そうとするのはやめておいてください。

膣は綺麗にしようと奥まで洗ってはいけない

不潔にしていると菌は増殖していきますが、だからといって綺麗に汚れを洗浄しすぎるのもNGなのです。
カンジダの人と性行為をしても健康な状態のときは大丈夫です。膣の奥は強い酸性に保たれており、細菌が入ってきてもすぐに死んでしまうのです。
膣には自浄作用があるのです。デーデルライン菌という特殊な乳酸菌が膣内を強い酸性に保ち、菌の侵入や感染から守っているのです。
そんなときに、菌を洗い流そうと石鹸やボディーソープを使って洗いすぎてしまうとデーデルライン菌まで洗い流されてしまいます。
それに石鹸などの成分は酸性を弱めることにもなってしまうのです。そのため菌が入ってきても身体が対処しきれず、増殖して感染してしまうというわけです。

カンジダになったのではというときにはデリケートゾーン専用の石鹸がおすすめです。
普通の石鹸やボディーソープはアルカリ性のものが多いですが、専用のものは弱酸性です。
アルカリ性のもので洗っていると洗浄力が強すぎて膣内の酸性を弱めてしまうだけでなく粘膜を溶かしたり常在菌まで流してしまいます。
これで毎日洗っていると皮膚が薄くなって炎症やかゆみを起こす危険性もあるのです。洗浄力の優しいものがおすすめです。
合成界面活性剤や防腐剤などの人工の添加物もお肌に良いとは言えません。天然成分で作られているものを選びましょう。

菌に感染したとなるときれいに洗い流したくなるでしょうが、逆効果なので絶対やめましょう。
デリケートゾーン専用の石鹸だからといってごしごし洗うのが良いわけでもありません。
ナプキンやおりものシートをこまめに取り替える・通気性の良い下着にする・入浴後はデリケートゾーンをよく拭いて乾燥させるなど清潔に保つようにすればよいのです。