カンジダ菌は体の中にある日和見菌です。普段健康な時は悪影響はありませんが、免疫力の低下によって活性化します。
特に性器が奥まっている女性は感染する確率が高く、5人に1人の割合で感染していると言われています。
カンジダ菌は他の菌と同じように湿気を好むため女性の性器は特に感染しやすい環境です。
そのほかにも淫部を洗いすぎて環境バランスが崩れることや締め付けの強い服を着ている時に血流が阻害されて、免疫力が低下することで感染することもあります。

皮膚や消化器官に生息しているカンジダ菌ですが、ただ菌がいるだけでは特に問題になりません。
何らかの原因で免疫力が低下し、増殖が始まります、結果として、かゆみを感じたり、カッテージチーズのようなおりものが増えたり、痛みを感じるなど自覚した場合に発症したことになります。

日和見菌は普段は特に影響しない菌のことですが、免疫機能が低下することで感染してしまいます。ただし重症化していないようなら基本的に様子見となります。
免疫力が上がることで正常な機能によって日和見菌の影響が低減して改善に向かいます。そのため生活習慣を改め、適切な食生活を送ることが重要です。
カンジダ菌は、常に体の中にある日和見菌ため再発する確率が高い性病です。免疫力が下がると菌が繁殖します。
菌の増殖を防ぐためにはしっかりと乾燥させる必要があります。通気性の良い肌着を着たり、こまめにタンポンやナプキンを交換したり、湿った衣類は早めに着替えたりすると効果的です。

また確率は少ないのですが、性行為で感染することもあります。
疲れが溜まっている時やストレスを感じている時などは感染する確率が高くなるのでコンドームなどを利用して感染を防ぎます。
特に不特定な相手と性行為をする場合には注意が必要です。感染の有無を確認することは難しいので、必ずコンドームをつけることが重要です。コンドームは避妊の効果はもちろんのこと、性病の感染ルートを断つ効果が期待できます。

性行為でカンジダになる確率

カンジダ菌は、お風呂やプールに一緒に入るなどの水を介して間接的に接触する分には問題ありません。
ただし、感染者と同じタオルを使う場合には感染する確率が高くなります。これはタオルを介していますが菌に直接接触しているからです。

性行為で感染する確率は、20人に1人か10人に1人程度と少ないと言われています。とっても移りにくいためそんなに気にする必要はないかもしれません。
ただし、免疫力が落ちている時には注意が必要です。うつりにくいだけでうつらないわけではありません。
普段性行為をしても感染しないのは免疫機能が適切に機能しているからです。
ストレスや過労などで免疫力が落ちている時にカンジダに感染しているパートナーと性行為をすると感染の確率が高くなります。そんな時はコンドームを使うことで直接接触することを避けた方が安心です。

一度感染してしまうと再発率が高いことでも知られています。疲れが溜まってくると発症してしまうこともあります。
できる限り感染しないように注意することに越したことはありません。あまり知らない相手と性行為をする時には注意が必要です。できる限り避けることが重要ですが、行う場合には避妊としてもコンドームを使っておく方が安心できます。

感染を防ぐために使うコンドームはあまり薄くない方が安心です。性行為中に破れるなどの恐れがないようにしっかりしたものを装着します。
また、根元までしっかりと装着することも重要です。避妊の効果とは別に直接の接触を避けるために使うため、接触面積が少ないことが重要です。
せっかくつけていても適切な装着方法でないことで感染してしまっては意味がありません。できる限り露出部分をなくして直接の接触をさけます。