カンジダは女性に多い病気ですが、いったいどのような感染経路で発症するのでしょうか。
感染経路についてよく知らないと、カンジダではない夫とセックスをしたのにカンジダになってしまった、夫が嘘をついていたのか、というような疑問が生まれてきてしまいます。

実は、カンジダというのは性感染症ではないです。
もともとカンジダ菌というのは膣や腸、口の中にも常在しているもので、普段は悪さをしていません。
腸内に存在していて有名な、あのビフィズス菌と同じような立ち位置だと思ってください。セックスによってパートナーに感染してしまうことがありますが、女性で発症する人の多くは自らの常在菌が原因です。

では、どうして突然常在菌のカンジダが悪さをするようになってしまうのでしょうか。一番多くあげられる原因は、免疫力の低下です。
風邪や疲労、ストレスなどで著しく免疫能力が低下すると、普段は自分の免疫力で繁殖を抑えられていたカンジダが一気に増殖します。
その結果、膣に痒みや痛みを伴ったり、白いおりものが出てくるのです。また、免疫力の低下だけでなく妊娠などでホルモンバランスが乱れたときにも多く起こります。

加えて、カンジダになるのはお風呂できちんと洗っていないのが原因なのではないか、と思う方もいらっしゃると思いますが、膣を何度もお風呂で洗ってしまうと、膣内のバランスが崩れてしまい逆効果となってしまいます。
膣内は常に一定の酸性で保たれているので、強いアルカリ性石鹸で洗ってしまうとそのバランスが崩れ、カンジダ菌の繁殖が起こります。
お風呂での洗いすぎはかえって自浄作用を損なうものですから、できるだけ控えましょう。
自分がしっかり洗っていないのが悪いと勘違いして、さらに常在菌を繁殖させてしまうことがないように心がけましょう。また、食生活の乱れも悪影響を与えることがあります。
根本的な生活習慣の乱れは免疫力低下にもつながるので、まずは規則正しい生活を心がけましょう。

カンジダは夫婦で治療しましょう

カンジダ菌は膣内にいるものなので、やはりパートナーといっしょに治療をすることが重要になります。
男性の場合はカンジダに感染していても発症することが少ないため、女性のカンジダ菌が夫に渡り、それがまた女性の膣内に入って感染をしてしまうという悪循環が起きてしまう、いわゆるピンポン感染が起きる可能性があります。
この悪循環を断ち切るためには夫婦で一緒に治療をすることが何よりも重要です。
女性だけでなく夫婦で一度婦人科や産婦人科を受診し、検査や治療を受けることがなによりも回復への近道です。

またカンジダは女性に多い病気なので、男性でカンジダのことを知っている人はあまり多くありません。性感染症ではないカンジダを性感染症だと思い込み、夫婦関係のトラブルにつながることもあります。
説明や知識もなくトラブルになってしまうのは非常に危険ですし、性感染症だと決めつけられる女性はつらいでしょう。
そのような事態を避けるためにも一度医師の詳しい説明を夫婦できちんと聞き、治療にあたっていくことが必要です。曖昧な知識で夫婦間トラブルが起きてしまうのはもったいないです。
また、稀に男性が発症するケースもあり、放っておくと異常が起きますので、きちんとお互いが意思疎通をとって治療にあたっていきましょう。

特に男性の場合はカンジダにかかる方が少ないですから、妻のサポートが大切です。
カンジダの治療自体は難しいものではありませんので、デリケートな話題だからこそ放っておかずにしっかりと治すようにしましょう。
夫婦でしっかりと話し合えば乗り越えられる病気です。今後の関係性をよくしていくためにも、一度勇気を出して受診することをおすすめします。