性病のカンジダは性行為をしなくても感染する可能性があります。カンジダは体の免疫力が低下したときに常在菌が悪さをする病気です。女性は特にカンジダになりやすく、陰部に痒みを感じた事がある方もいるのではないでしょうか?

陰部に痒みがあったり、白いカッテージチーズのようなおりものが出たら、もしかしたら『カンジダ』に感染しているかもしれません。
女性の性病として多く、性行為をしなくても感染するという特徴があります。
性病と言えば、性行為でしか感染しないと勘違いしている人が多いのですが、性行為以外からの感染も多く、身に覚えがないからと放っておくと知らない間に人に移してしまうことがあるのです。
また放っておくことで悪化してしまうことも多いのです。
今回は、妊娠中や免疫が落ちている時に発症することが多いと言われている『カンジダ』についてどのような病気でどのような症状があるのかを詳しくお話していきましょう。
また、男性がカンジダに感染した際の症状などにも触れていきましょう。

カンジダは女性がなりやすい感染症です

カンジダに悩む女性

カンジダは女性がなりやすい感染症と言われています。そもそも、カンジダというのは私たちの体に常にいる常在菌であり、普段は特に問題を起こすことはありません。
しかし、免疫力が下がっている時や妊娠中などに増幅し、悪さをしてしまう病気です。性行為からの感染も考えられるのですが、女性の場合は自分の常在菌によって感染していることが多いようです。

そもそもカンジダとは

膣の中に存在しているカンジダ菌が増殖し起こります。おりものの異常や陰部のかゆみなど不快な症状が特長の感染症です。
カンジダ菌は、膣内だけではなく皮膚や口の中、消化管にも存在している常在菌の一種であり、普段は隠れています。
しかし、風邪や疲労によって免疫力が低下すると、増殖してしまう傾向があるのです。女性にとっては身近な性感染症であり、約20%の女性が一度はかかったことがあるぐらいメジャーな性病の一つです。

カンジダになりやすい状況というのが、免疫が落ちる時が一番多いと言われているのですが、その他にも要因となるものがあります。
例えば、月経前のホルモンの変化や妊娠中であることも発症しやすい傾向にあると考えられているのです。
さらに、抗生物質を服用している時は善玉菌も死滅させられてしまう為に、膣内環境が悪化し、発症してしまうことが考えられます。また、糖尿病などでも発症することがある為、気をつけなければいけません。

さらに日常生活の中で通気性の悪いショーツを着用していることで、環境が悪くなり、増幅してしまうこともあるのです。
カンジダは何度でも発症する病気の一つで、再発率も高い為、一度改善したからと言っても安心することはできません。
日常生活の中でカンジダを防ぐ為には、通気性の良いショーツを身につけることが有効です。また、シャワーや入浴の後には陰部をしっかり乾かすことが大切です。
カンジダ菌は暖かく湿気がある場所を好む傾向がありますので、そのような状態を作らないことが一番です。
風邪の時にはゆっくり休むことも大切ですし、日頃から免疫力を落とさないようにバランスの良い食事を摂取することも有効でしょう。

症状に気づきにくい?

性病は性行為だけからしか感染しないと思い込んでいると、陰部のかゆみや異常に気付いていても性病であると思わない女性も多いのです。
中には、まったく症状がなく気づかないという人もいます。知らない間に感染し、気づかないうちに症状が治まっているとそのまま放置してしまいますが、再発をする病気ですのでしっかり改善しておく必要があります。
また、すでにカンジダに感染している時には、性行為を行わないことが大切です。男性にも感染してしまいますので注意しましょう。
また、すでに男性の症状がある場合には病院でしっかり診断してもらうことがおすすめです。

カンジダを防ぐためには

カンジダは性行為以外からも感染する為、家族でのタオルの共有などにも注意が必要です。
家族にもタオルを介して感染してしまう可能性がある為、発症している時には個々のタオルを使用しましょう。
また、強いかゆみが出ることがありますので、ついかいてしまうことがあるかと思います。陰部をかいてしまうと、かゆみが酷くなってしまったり、感染が広がってしまう可能性があります。

女性は陰部を清潔に保とうと石鹸を使用して洗い過ぎてしまう傾向があります。
最近では除菌や殺菌成分が配合されたボディソープや石鹸が販売されており、それらを使用しているという人も多いようです。
しかし、陰部には常に善玉菌と悪玉菌、日和見菌が存在しており、これらの菌を殺菌してしまうことによって膣内環境が悪くなってしまいます。
これもカンジダの発症の原因と言われていますので、低刺激なものに変更するか、専用のものを使用するようにしてください。
またすでにカンジダになっている段階では、刺激になってしまい炎症がひどくなることも予想されます。シャワーで軽く洗い流す程度でも清潔に保つことができますので、強く擦って洗わないようにしましょう。

カンジダの主な症状と特徴

不快に感じる女性

女性の中では性病に気づかないという人も多いようです。
その理由には、陰部のトラブルというのは誰でも経験をしており、ショーツのムレやナプキンによってのかぶれなど頻繁に起こる為、それが性病によって引き起こされていると感じないからです。
一時的にかゆみがあったとしても、ムレやかぶれによって起こっていると決めつけ、性行為をしていないから性病にかかっているわけがないと思い込んでしまうのです。

カンジダは、性病の中でも目に見える異常があるので発見されやすい病気でもあります。
カンジダの症状には特徴があり、通常時の陰部のトラブルとは異なることが多い為、発見されやすいのです。まず、カンジダであるかどうかをセルフチェックしてみましょう。
一番わかりやすいカンジダの症状に、外陰部にカッテージチーズのような白いおりものが付着するようになります。ポロポロとしたおりものがショーツに付着するので目で見てわかるでしょう。
ただし、普段からおりものシートを装着していると気づかないかもしれません。

おりものの異常があれば、自分が性病に感染している可能性を疑うことができますが、その段階で気づかなければ次におりもののニオイを確認しましょう。
いつもと違うニオイがすれば性病に感染している可能性が高いので、すぐに病院に行き検査をすることをおすすめします。また、おりものの量が増えるのも一つの目安です。
何度もショーツを取り換えないといけない状態だったり、泡だったようなおりものが付着するようになれば、健康な状態とは言えません。

カンジダは他の性病と見極めづらい?

また、カンジダになると強いかゆみに襲われる人も多いようです。
ジッとしていても陰部がかゆいので、物事に集中することができなくなってしまったり、自分が病気になっているのではないかと不安を抱いてしまうでしょう。
おりものの異常とかゆみが出たら、何かしらの性病に感染していることを考えてください。女性にとっておりものの異常は病気のサインとも言われていますので、日常生活の中でも意識しておくことが大切です。

陰部に起こるトラブルにはその特徴によって病気を見極める目安となります。
カンジダは免疫力が低下した際に発症しやすい性病であり、自覚症状が多いのが特徴です。多くの女性が一度は経験したことがあるメジャーな性病ですが、実際にはそのまま放置している人が多いのです。
症状が軽度であれば自然と症状が治まることが多い為、一時的なものだと思い込み、そのままにしていることがあります。ただし、再発を繰り返すことが多い性病でもある為、違和感に気付いた時にはしっかり検査をしておくことが大切です。

カンジダだと思い込んでいたら、他の性病だったということも珍しくありません。
カンジダに関わらず性病は放置しておくことでプラスになることはありませんので、適切な処置を行うことが大切です。
カンジダは膣内に膣錠を入れることで1週間程度で改善することができますので、かゆみやおりものの異常に脅えるぐらいならば早めに対処してもらうことをおすすめします。

女性はカンジダになりやすい

また、女性はカンジダになりやすいことを理解しておきましょう。なりやすいとわかっているのですから、日常的に免疫を落とさないようにすることが大切です。
バランスの良い食事を摂取することはもちろんのこと、睡眠をしっかりとり健康的な生活を心掛けてください。
また、シャワーや入浴後にはしっかり陰部を乾燥させ、締めつけが強いショーツや通気性の悪いショーツは避け、普段から清潔に保つことを意識していきましょう。ただし、陰部の洗いすぎは逆効果になってしまうこともありますので注意してください。
おりものの異常や陰部のかゆみが強い場合は、なるべく早くに病院を受診し、検査を行いましょう。性病検査が恥ずかしい女性もいるでしょうが、カンジダは女性のなりやすい性病ですので安心して受診してください。

男性のカンジダ感染について

驚く男性

女性はおりものの異常やかゆみによってカンジダに感染したことを疑うことができますが、男性は女性にようにわかりやすい症状がでないことも多く、気づかないことも多いようです。
カンジダ菌を性器に保有していたとしても、男性が症状を訴えることは稀なのです。ただし、包茎であったり、糖尿病を患っていると症状が出ることもあります。

男性のカンジダの症状

一番多いのが亀頭包皮炎です。亀頭包皮炎とは、亀頭部の包皮に白っぽいカスが付着していたり、患部がカサついている状態になります。
また、亀頭の赤みやかゆみが強くなったり、ただれてしまうことも珍しくありません。
小膿疱が出来てしまったり、カンジダ菌が尿道に入ることで尿道炎を発症してしまうこともあるのです。
カンジダに感染しているのに放置をしておくと、かゆみが強くなったり、包皮部分から分泌物が出てくるようにもなる為、自覚した段階で対処していく必要があります。

包茎が症状に関係する?

男性で症状が出やすい人の多くが包茎であることがわかっています。包茎とは陰部が包皮で包まれている状態の為、雑菌が繁殖しやすいのです。
カンジダ菌は暖かく湿気がある場所を好みますので、絶好の生息場所でもあります。包茎の人とそうじゃない人を比べた場合、包茎の人に症状が強く出ることがわかっているのです。
男性は女性よりも症状が出ないままの人が多いのですが、中には出やすい傾向の人がいるので自分が該当していないかチェックしてみましょう。

男性の多くが感染に気づくことができないのかですが、女性のように目で確認できる症状が出ない人も多いからと言えるでしょう。
先ほども言いましたが、包茎の人や糖尿病などの疾患がある方は症状が出やすいのですが、該当していない場合にはちょっとかゆいぐらいで治まってしまったりする為、気付けません。
男性に多い症状として尿道炎があります。これは排尿時に痛みが伴うことも多いですし、膿が出ることもある為、早急に病院に駆け込むという人もいるでしょう。

男性は感染してもわかりにくい

わかりやすい症状が出ればすぐに検査をしてもらう人がいるでしょうが、実際にはほとんどの男性がカンジダに感染したとしてもわからないのです。
また、少し前は男性の方が性病感染症にかかることが多かったのですが、昨今では女性の方が多いことも要因となっているようです。また、性の低年齢化も問題になっています。
性病に感染したとしても訴えることができないことや、異常を感じても羞恥心から病院を受診できない人も多く、性病が蔓延してしまうのです。

性病は誰にでも感染する可能性がある感染症ではあるものの、無自覚で過ごしてしまうことも多いのが特徴です。
女性のように健康のバロメーターがあるわけではありません。その為、ちょっとした変化でも見過ごしてしまう傾向があります。
ただし、男性の方が性器に触れる機会が多いので、異常を感じることもあるのではないでしょうか。
自慰行為を行う際にも違和感を覚えるでしょう。一時的なものではなく、継続するようでしたら迷わずに受診することが大切です。
またラミシールを使用すれば治るのでしっかりと受診しましょう。

男性は女性よりも病院に行かないことが多い

女性よりも男性の方が病院へ行くことに抵抗があるようです。そのような場合には、病院以外の場所での検査を考えてみましょう。
保健所などでは匿名で検査を受付してくれていますし、最近は自宅で簡単に性病検査を行うことができるキットが販売されています。
自覚がなくても一度検査をしておくことで、気づかなかった性病に気づくことができるかもしれません。人にバレずに検査をすることが可能ですので、気になる人は一度チャレンジしてみましょう。

性器に異常を感じている場合には、男女問わず性行為をしないということが大切です。
性病に感染している時には他の性病にも感染しやすい傾向がありますし、パートナーに移してしまうことがあります。症状がないからと安易に行うことは危険ですので絶対にやめましょう。

新着記事